マクロスFr&δ


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2018年1月
 
20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:337
昨日:2,425
累計:1,279,059


RSS/Powered by 「のブログ

2016年09月28日(Wed)▲ページの先頭へ
放置しません。歌詞正解でした。



先にアップした、absolute 5の歌詞。
正解が気になったので、2ndアルバムを買いました。
正解でした。中学の時、英検準2のListeningを
28/30で合格したという伝説の耳は流石です。
それにしても、ですよね。

かなりfrustrationが高まって、
マクロスザファーストに逃避しました。
やっぱり、美樹本さんです。
その、ザファーストですが、
今、ネットで無料配信しているんですね。
6巻買ったのに・・・
悔しいので、そのネット画像を。



皆殺しのシャミーちゃんです。



こちらはフォッカー少佐。
UをOに変えて名付けたのでしょうか。
ちょっと粋ですよね。

河森マクロスは終わっても、
美樹本さんには頑張って欲しいものです。


2016年09月26日(Mon)▲ページの先頭へ
マクロスは終わった

Whoever could be moved by such a cheap story?

どこがマクロスだったのだろう?
Lady M は放置!?

Exhausted Kawamori
もうマクロスも終わりだね
吹いたのは安っぽい風だけだった

とんでもなく低俗で嫌な奴だった自分に
ようやく気付いて、落ち込んでいます。


2016年09月23日(Fri)▲ページの先頭へ
聞き取れなかったAbsolute5の歌詞



こぼれる闇の中を、また一粒光が集まった
長い旅の果てに、疲れ果てた歌声抱いて

この歌い出しがいいなあ、と思って聞いているのですが、
どうも聞き取れない箇所がいくつかあって残念です。



このシーンでリンゴ娘が歌っていた部分も、
実は、聞き取れていませんでした。
違うだろうな、と思いつつ「光」としたのです。
そこで、先日、よく聞こえる人に聞いてもらったら、
「つながり」だと言うのです。
なるほど、それなら納得の歌詞になります。
多分、そうだろうと思いますので訂正しました。
28日にアルバムが発売される前でないと、
「意味を失ってしまうから」というわけです。

もう、終わってしまうんですね。
スルメ親爺も、パッとしないまま終わってしまうのでしょうか。
気色悪い軟弱揉み上げ男に、
ロイ・フォッカーの残像を重ねては、いけなかったのでしょうか。
せめて、最後くらいは格好良く、と願っています。


2016年09月13日(Tue)▲ページの先頭へ
Absolute 5


先々週に初めて聞いたabsolute5に嵌っています。
先週、もっとしっかり聞かせてくれると思っていたのですが、
何のことない、ダレダレの放送日で、
マクロス史上ワーストの回だったかもしれません。
ところで、今週です。
念願のabsolute5をしっかり聞くことができました。



おそらくや、ガンダムファンの失笑を買い、
マクロスファンの落胆を誘う形で始まった
このシリーズ(δ)に関しましては、
言いたいことが山ほどありますが、
殆ど負のことばかりなので、発言するまいと思っています。
でも、ちょっとだけなら、許して戴けますでしょうか。

ワルキューレ。
大方の競馬ファンなら知っている、
準オープンのイマイチ冴えなかった競走馬の名前です。
えっ、それが5人組のアイドルの名前!?

エリシオン。
もう10年以上も前、私が愛車を購入したした際、
同じVCM採用のJ30Aエンジンを搭載していた
ホンダのワンボックスカーの名前です。
セダンと同じエンジンで、それより400kgも重い車を走らせる
というのですから、どうなんだろう、と思っていました。
えっ、それがマクロスの名前!?

そして、Absolute。
ホンダ、オデッセイのハイグレード車の名前です。
でもなあ、というのが嘗て代車で乗った時の印象です。
えっ、それがこの歌の題名に!?

なんというネーミングなのでしょう。
でも、それでも、どんなにしっくりこなくても、
基本、マクロスはマクロス。好きなのです。
ワルキューレの女の子たちのデザインは悪くないし、
歌も、いいなあと思います。
absolute5について言えば、
前シリーズ(F)のインフィニティ以来の嵌り方かもしれません。



「一人でも欠けたら意味を失ってしまうから
繋がりを何度も確かめて信じるだけ」

そう言えば、インフィニティという車もありましたよね。


2016年08月31日(Wed)▲ページの先頭へ
今週のカナメさん



「奇跡を起こす度に、浮かぶメロディー」

時折り見せる少女の表情がたまらない。
カナメさん、何か綺麗になってます。

とか言いながら、
見たんだよな、エッチなカナメさんを。

はい、見ました。
一瞬、Wowのミミズ腫れ!?
多分、配線コードなのでしょうけど。
発煙筒?ロケット?何かのスイッチ?
何ですか、それ。
一本ずつ、使っていくのですか!?
全然違うことを想像して、股間のルンが
ピンピカア〜ッって。
そりゃあ、なりますよね。

何の話か、確認したい方は、
下の画像を順にクリックして下さい。
画像は3枚あります。



2016年08月05日(Fri)▲ページの先頭へ
I love bosoms 2 ― Makina

Viva Eros とか言いながら、Makimakiを無視するなんて、
何がエロじじいなのよ、と叱られそうで、
こんなことをしてみました。穢れた風になってます。






作画担当さん渾身の、δ史上最高の一枚を、
こんな風に、いじってしまって、ごめんなさい。


2016年08月02日(Tue)▲ページの先頭へ
あやしうこそものぐるをしけれ







今日のδの女の子たち。
その3枚のベストショット。
こんなことしているなんて、
もう、ただのエロ爺さんですよ。
情けないですな。


やはり紫の系譜か、Lady M



破滅の純情、と歌いながら、
ハインツ坊やの服剥いで、



カオスの絶頂、と叫んで、



faint してしまったM。



綺麗な顔してるのにね。


明日照らすAXIA


夢は君が一人描くんじゃなく
見えない風が届けてくれる



プロトキャラクターは、
あのクローディアさん。



奇跡を呼び覚ませぇー
閉ざされた空へ


2016年07月16日(Sat)▲ページの先頭へ
懐かしのシャミーちゃん



うわっ、懐かし。艦橋娘のシャミーちゃんやんか!



いいえ、ニナ・オブライエンちゃんだそうです。
驚いた顔も可愛らしいですよね。
(マクロスδ第3話より)
ニーナか。
女優にもなれざりしかば冬沼にかもめ撃たるる音聞きてをり
(寺山修司)

一向に飛ばない、とんだマクロスが、
ようやく飛んだというので、
ちょっと触ってみました。


2013年09月08日(Sun)▲ページの先頭へ
Macross the First を、ようやく知って

息子の本棚にあったマクロス本。
早瀬中尉が表紙のVol.4。
「懐かしい本、持ってるやん。復刻本か」
「ちゃうよ、復た描いてはるんや」
「えっ、何、美樹本さんが、同じマクロスをか」
「せやで。ちょっとちゃうとこもあるけどな」
「いつからや」
「もう、5巻が出てるから、だいぶ前からやで」
「ええーっ、知らなんだなあ」

という訳で、美樹本晴彦氏の手になる
Macross the First の存在を、
先週になって、ようやく知ったのでした。
自分の迂闊さを反省するよりも、
リン・ミンメイに復た会えた喜びに酔いしれています。



Macross the First Vol.1 より



カイフンさん、格好良くなってて、気になりますね。



梅田の阪急32番街では、Vol.5は品切れでした。
今後の展開、実に愉しみです。
やっぱり、マクロスは美樹本さんでなくっちゃね。
頑張って下さい。


2008年09月19日(Fri)▲ページの先頭へ
射手座午後9時Don't be late!(24話より)



妄想のGALAXY



滑り落ちたらPOISON SEA



射手座午後9時ドンビーレート
それで、Sagittarius 1 というわけですか




可愛いシェリルは大歓迎(6)

覚えておきなさい。
こんな、いい女、めったにいないんだからね。



マオ・ノームの孫娘だったんだ。


2008年09月14日(Sun)▲ページの先頭へ
可愛いシェリルは大歓迎(5)



こういうの、ずっと夢だったの(23話より)




可愛いシェリルは大歓迎(4)



私に勇気をちょうだい(22話より)




2008年08月16日(Sat)▲ページの先頭へ
可愛いシェリルは大歓迎(3)



先週、先々週のEndingは良かったのに・・・。
先週、今週と続いたOpeningもいいと思いますよ。
前のよりは、ずっと。
今週のEnding、三角関係の絵ですが、
その中の一枚だけ、シェリルが可愛く描けていました。

言ってるでしょ、ヒロインは可愛く描いて下さいね、って。


次回20話に高まる期待

「ボビー、このクォーターが、
なぜ400m級でありながら、
マクロスの名を冠されているのか。
いや、マクロスでありながら、
なぜこのサイズなのかを、思い知らせてやれ」




(VEOHの英訳つきですが)
懐かしい第7話のシーンです。
このあとに流れたのが、あの名曲です。

先日、T市内の某レンタルCDショップへ入ったら、
何と、Infinityが、かかっているではありませんか。
思わず、口ずさんでしまいましたよ。
「♪消えーることーのない希望が、この手ぇーにあるからー」
Triangularの次は、Diamond Crevasseだというのでしょ。
最終回はInfinityであって欲しいなあ。

慶応高校は負けても、河森は負けるな。


2008年08月01日(Fri)▲ページの先頭へ
進化するマクロスF

なるほどマクロスは進化していますね。
16話のエンディングに続いて、
17話ではオープニングも変えちゃった。
基本ロイ・フォッカーのオズマ・リー。
やっぱり殺さないといられないのか、と思わせといて
ねっ。
ところで、熱気バサラか尾崎豊か。
ロックだねぇ、ってかい。
シェリルでも浜崎でもいいけれど、
バジュラでもエヴァでもいいけれど、
本当に、マクロス・F独自の世界って、ないのかなぁ。
まあ、脱皮しても、前の形はとどめている、
というわけですかね。


バジュラって何

「恐ろしいなぁ。ゴジラ級やなぁ」
「何言うてんねん。今はバジュラやぞ」
「バジュラって、何」
「バジュラ知らんのんかいな、あかんがな」
「知らんわ、そんなん」
「マクロス・フロンティア見てないんか」
「何や、また真夜中の漫画の話かいな」

赤バジュラ


青バジュラ


やっぱり、ゴジラもどきかいな


脱皮した金色のバジュラ(Vajura)

近づくバジュラ (キングギドラか)


金色バジュラの顔 (オウムかインコ)


遠ざかるパジュラ (甲殻類か)



2008年07月25日(Fri)▲ページの先頭へ
モニカ嬢の横顔、いいなぁ

夕べ(今朝)のマクロスF。
Endingに目を惹かれました。




それと、モニカ嬢の横顔。良かったなぁ。




2008年07月22日(Tue)▲ページの先頭へ
あなたに出会い、さかな焼いて

車を走らせながら、聞くのは娘フロ。
お気に入りは23番、24番。
その24番、ending theme song、Diamond Crevasse。
ところが、繰り返される歌詞の部分が、
どういう訳か、
「あなたに出会い、魚焼いて、私噛まれて」
と聞こえてしまうのです。
「Star 輝いて、あたしが生まれて」が正解なのですが。

夏の暑さの所為でしょうか。


2008年07月12日(Sat)▲ページの先頭へ
マクフロ雑想

やっぱり、赤い彗星ですよ。
ブレラ兄ちゃん-ランカちゃん=キャスバル兄さん-セイラさん
ねっ。

で、ここまでくると、結局、フロンティアを見るために、
マクロス・ゼロを見せられてしまう訳です。
あんな、おもちゃ漫画(プラモアニメ)の駄作をですよ。

河森さんは重要な点を認識されていない。
アニメはアニメであるから、感情移入できるのですよ。
その中に、プラモデルが出てくれば、その途端、
見ている者は現実世界に引き戻されてしまいます。
瞬時に白けてしまって場面が台無しになる。
バンダイだって、しっかり理解しておかないと、
流石、文化の谷間の静岡県!
とか言われて馬鹿にされますよ。
13話では、或いは意図的な、
台詞の聞き取りにくさに苛立ち、
14話では、やはりプラモの登場に、
がっかりしました。

さて、そのゼロを見せられた上での想像です。

シェリルはサラ・ノームの子。
パパは工藤シン。
ブレラもランカもマオ・ノームが絡んだ
鳥の人の血をひく子どもたち。

戦争で半死のブレラをサイボーグとして
生き返らせたのがグレイス。
グレイス≒アリエス。おぉう、韻を踏んでますなぁ。
グレイスはシェリルとも深く関わっていますから、
アリエスの流れを汲む人物ということでしょうか。

どれぐらい的外れな想像かは、後の笑い話ということで。


2008年07月11日(Fri)▲ページの先頭へ
マクロス・ギャラクシー、アンタレス小隊所属、ブレラ・スターン少佐



人質は救出した。これよりフロンティア船団を援護する。



なるほど、アンタレスなら赤という訳ですか。
赤い彗星のシャア、とはいくら何でもね。


2008年06月20日(Fri)▲ページの先頭へ
可愛いランカも大歓迎。



「ランカを可愛く描いて下さい」という、かねてよりの願い。
少しは聞き入れて下さったようで。

来週には、何かカムジンもどきも出てきそうで、
この展開は、あまり歓迎したくありませんな。
カムジンは要らんぞ、カムジンは。


Viva Eros ― マクロスFr.11話より



I love bosoms. He loves bosoms, too.
中1の期末テスト範囲の例文。
「同級生」のような、その手のゲームを連想させる絵ですね。
嫌いかよ、ですって。勿論、大好きですよ。
何てったって、Viva Eros! ですから。



早瀬さんにはなかったサービスですよね。
がんばれ、キャサリン。
拍手したら寄ってきてくれるかなぁ。


可愛いシェリルは大歓迎(2)



Feverish Sheryl
少し熱っぽい女性かぁ、いいなあ


2008年06月09日(Mon)▲ページの先頭へ
娘フロ。ジャケット




2008年06月06日(Fri)▲ページの先頭へ
無知の恥

「お父さん、何、感動してんの。しょうもな。
あんなん、マクロス・ゼロやんか」

朝、出かける前の上の娘に、
「夕べのマクロスFは良かったで」と。
そう言ったばっかりに、
Vを見るために早く帰ってきた娘から、
私は上のように言われたのでした。
それこそ、無知の恥です。
私は、プラモを使った画面が気に入らなくて、
マクロス・ゼロは見なかったのです。

「な、これがサラでこれがマオ。解った?
ちゃんと勉強しとかな、あかんで」
そう言ってDVDを手渡されたのでした。

何だ、折角、良くできた劇中劇だと思ったのに。
なるほど、legend of zero とは、
全く、そのまんまだったのですね。

己の無知を曝して、語ってしまった、バツの悪さ。
ただ恥ずかしいばかりでなく、
何だかやりきれない気分です。


気になる人物、ブレラ・スターン

「誰だ」
「ブレラ・スターン」



3話くらい前から気になっていた人物。
「誰だ」と思ってしまうのは作者の思うつぼ。
しかし、ここは善良なファンの立場で、
「誰だ」と思わないといけません。
まさか、「孔雀だ」とは言えないでしょう。


1 2    全39件