Gentle Breeze - 2017/05


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2017年5月
 
     

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,994
昨日:2,274
累計:1,282,990


RSS/Powered by 「のブログ

2017年05月30日(Tue)▲ページの先頭へ
完敗、ダービー

仕事だったので、梅田に出かけるという息子に頼んで、
買ってもらった馬券がこれ。




五万円で単勝負、と思っていたのですが、
ビビッて、こんな馬券になりました。
JRAの帯封欲しさに、大胆な馬券も。
調教の良く見えた3を狙ってみたのですが、
肝心の6が、あの様では、話になりません。
完敗です。
それでも、庭の躑躅は、しっかり咲いて、
ショウタニのケーキは美味しいのです。
嗚呼、情けないったらありゃしない。








2017年05月26日(Fri)▲ページの先頭へ
懲りずにダービーを語る

オークスで自信を持って単勝を買った馬が、
あろうことか18着の最終入線。
つまり、ビリ、ベベタ、ドンケツ。
にも拘らず、懲りずにダービーを語るとは、
恥知らずにもほどがあろうかというもの。
しかし、お暇であれば、この妄想話に、
しばしのお付き合いを。

鼻の差の決着となった去年のダービー。
レース後、二着馬のオーナーが、勝利ジョッキーにこう言った。
「おめでとう。悔しいけどね」
「すみません、勝ってしまいました」
「うん、この貸しは来年返して貰うよ」
という訳で、今年のダービー。
池江調教師管理のサトノの馬に、
川田君が乗ることは、既に一年前に決まっていた。

以上が私の妄想。
その池江師。川田君の乗る最も強い馬を温存して、
自身の管理する別の馬で、皐月賞を1・2フィニッシュ。
何ということでしょう。

下は、今年の毎日杯の写真です。



四角、大外をぶん回した川田君。



そして、ゴール板通過シーン。

とうてい勝つ気のあったレースとは言えないでしょう。
毎日杯を見る限り、サトノアーサーは、
皐月賞馬よりも明らかに強い。
池江師とサトノのオーナーが自信を持って
ダービーを獲ろうとしている馬です。
川田君が、毎日杯のような下手乗りをしない限り、
おそらく、ダービーに勝つのは、
この馬だと見ています。

あっ、因みに、このレースの私の馬券です。



8頭立ての7番人気の馬の馬券を買っていました。
奇跡を信じて。


2017年05月23日(Tue)▲ページの先頭へ
おしゃべりな少女たち



この可憐に咲いた薔薇を見て、
おしゃべりの止まらない少女たちの姿を
連想したのでした。
先週末に訪れた荒牧バラ公園の
White Delightです。

何で、1-1買わへんかったんや。
まだ、言うか。



上は、その日の荒牧バラ公園の景色です。
そして、下は、今朝の我が庭のドフトボルケです。
一夜にして蕾が開いていることに驚きました。




はしたなきもの

はしたなきもの、
したりかほにて、買ひたる馬券の外れたる。

得意げに予想して買った馬券が外れるというのは、
確かに、きまりが悪く、恥ずかしいものですが、
言った以上は公開しないといけません。



これには、伏線があって、



桜花賞と、前日の阪神牝特がそれなのです。
このアドマイヤリードが
ヴィクトリアマイルに勝ったのがいけませんでした。

Oaksは、桜花賞とトライアルの2・3着馬が強かろうと
見ていたのです。
前夜の友人との会話です。
「モズカッチャンはどう?」
「あんなん、内枠引いて、じっとして、
力使わんと、ぐるっと回ってきて、
運良く勝っただけやんか。
2・3着馬の方がずっと強いで」
「けど、今度も1番枠だぜ」

そうなんです。
私は、この友人の言葉を無視してしまいました。
自分の思い込みに拘泥し過ぎた結果です。
全く、ざまあ見ろ、としか言いようがありません。
完敗です。
そして、Derbyも、同じように買うことに決めていますから、
また、完敗して泣くことでしょう。
それもまた、競馬です。

昔、私の出身高校の校長がよく言っていました。
狙った的は外すな、と。

私に関しては、残念ながら、
この教えを守りきれてはおりません。


2017年05月19日(Fri)▲ページの先頭へ
OaksそしてDerby

この時期に競馬を語らずに何を語るというのでしょう。
懲りずに悪道を歩み続ける身としては、です。



ことしのOaks、注目は何と言ってもこの馬でしょう。
この美しい跳びときたら、もうたまりません。
名牝の第一要件は気品だと思っています。
サラブレッドは美しくなくてはなりません。
この馬は、その点、文句の付けようがありません。
桜花賞が良馬場で行われていたら、
今頃、断然の一番人気になっていたことでしょう。
高ければ良いというものでもない、と前回申しましたが、
この馬について言えば、
高馬も何も、大牧場が売りに出す筈もない名牝です。
ところで、このところの私の成績です。



先週のヴィクトリアマイル。
TVのパドックを見ていて、どうしても気になったので、
ちょっとだけでも買っておこう、と思った馬が2着に。



先々週のNHKマイル。
これも調教が良くて、全くの人気薄でしたが、
ちょっとだけでも、と思って買って2着に。

Oaksの馬券は、もう決めています。
これも、トライアルレースで2着に敗れた馬です。



そりゃあ、桜花賞の2・3着馬に比べたら、
気品も何もあったものじゃありませんが、
名前も、口に出すのが恥ずかしいほどのダサい馬ですが、
調教は抜群でしたし、鞍上も魅力です。
桜花賞は、2・3着馬のワイドだけでしたが、
皐月賞は、単・複的中できました。



今回は、桜花賞の当たり馬券を、そのままつぎ込みます。
えらい自信やなあ、どうせ外れて泣くくせに、ですよね。
では、乞うご期待。
あっ、それから、あと一頭、隠し馬がいるのですが、
これは百円馬券級の馬ですので、内緒にしておきます。


2017年05月16日(Tue)▲ページの先頭へ
何で今頃、しかも八海山



何で今頃、お酒なの?
その季節に、例のお酒の話題も出さずに、ですよね。
御指摘は、ごもっとも。
勿論、昨年末も、秋鹿さんの「霙もよう」は戴きました。
例年以上に、美味しかったのですが、
ばたばたしているうちに、
掲載の機を逃してしまったのです。
じゃあ、何で今頃、しかも、八海山。

今日は第三火曜日。我家付近では瓶のゴミ出し日。
家事一切をしている主夫でもある私は、
当然、瓶出しもしなくてはなりません。
瓶出しをする段になって、
急に、この酒瓶の記念写真を、と思ったのです。

これは知り合いの退院祝いにと、冬場に購入しました。
その退院が、延び延びになって、
とうとう温かくなってきたのです。
もう保存も限界でしょう。
それで、しびれを切らして、
つい飲んでしまった、という訳です。
美味しかったですねえ。特に青越後。
こんな美味い酒だったのか!
ああ、お祝いにしなくてよかった、と。
何ちゅう奴ちゃ、ですけどね。



値段と能書きを聞いたら、誰だって白越後を飲みたくなりますよね。
私も、そうでした。
でも、本当に美味しかったのは青越後の方でした。
馬も、そうですよね。
高馬だからといって、走るわけでもないですから。
人に贈るのは、つい高い方にしがちですけど、
ちゃんと知ってから贈らないと、と
しみじみ反省させられました。
安くても美味いものは美味い。
今年の暮れは、是非、赤越後も、と思っています。


2017年05月12日(Fri)▲ページの先頭へ
ベッカライ・ゲンのパン

晴れた五月の朝に相応しいのは、
美味しいパンではないでしょうか。
というわけで、
今朝はベッカライ・ゲンのパンを。



地元の方々は、とっくの昔に御存知なのでしょうが、
私が知ったのは、まだ去年のことでした。
週に4日しか開かない店。
それも美味しいパンは午前中に売り切れると。
先々月でしたでしょうか、昼過ぎに訪れたときには、
食パンとフランスパンしかありませんでした。
そして、今朝。
早朝に出かけた歯医者さんの帰りに、
寄り道して、念願のパンを買い求めてきました。
写真を撮る前にいただいたパンは、
とても美味しかったです。
流石に、百楽荘ですね。
幸せな5月の朝になりました。