Gentle Breeze - 2017


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2017年12月
         
           

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:341
昨日:2,425
累計:1,279,063


RSS/Powered by 「のブログ

2017年12月18日(Mon)▲ページの先頭へ
強かったダノンプレミアム



強かったですね、ダノンプレミアム。
ゴール前で、手綱を抑え、
ゴール板を通過するときには
既に馬を愛撫していましたもの。
7馬身ちぎったテンポイント、
8馬身ちぎったサッカーボーイ。
いずれも現場にいて強いなあと思いましたが、
仕事のあった昨日はTV観戦。
でも、強いなあ、と思いました。
当然、馬券はPATです。



ところで、実は先週仁川のSラウンジが当たったのです。
何年振りかです、Sラウンジが当たったのは。
それで、下の娘と出かけてきました。
そして、1レース。
いきなり、単勝万馬券を的中させて、
娘と二人、Sラウンジでスキップしちゃいました。




その後、ちまちま遊び、直前のレースも当てて、




いよいよ、本番です。




勝ったのは、この馬でした。



でも、私は、もっと綺麗だった馬から買って、
大敗しました。勝ったお金はすべてパァ。
女房が入院しているのに、遊び呆けているなんて、
全くざまあみろ、ですが、とても楽しかったです。


2017年12月15日(Fri)▲ページの先頭へ
ラヴィのシュトーレンを贈る



先週の話です。
今年も、ラヴィルリエのシュトーレン。
それを数少ない友人の奥様宛に送りました。
一人は、「美味ゃあけんど、何だか解んにゃあ味だにゃあ」と。
もう一人は、「大阪で二番目のシュトーレンなんだってね」と。
「何、二番目!?一番ちゃうんかい」と私。
「一番、どこ言うとるねん」
「リーガロイヤルだって」
「ふん、そうか。まあ、BMWやベンツが嬉しい人もおるからな」
こいつには、もう送らないぞ、と思いつつも、
来年は、リーガロイヤルや、とも。
懐かしい台詞だけれど、
「一番でなければ、いけないんですか?
二番じゃ駄目なんですか?」


2017年12月14日(Thu)▲ページの先頭へ
新名神、走りました



新名神、走りました。
往復3回目となる今日は、
息子に運転して貰い、
助手席から写真を撮りました。
以前に写した写真付近の、
高速道路上からの写真です。
この開通によって、女房殿の入院する病院まで、
以前の半分の時間で、
行けるようになりました。


2017年11月29日(Wed)▲ページの先頭へ
そこにしかなかった秋景色




秋はどこにでもあるのでしょうが、
そこにしかない秋景色も。


2017年11月24日(Fri)▲ページの先頭へ
この公孫樹並木は、どうでしょう



一昨日、引っ越しをした下の娘が、
見つけてきた、引っ越し先近くの公孫樹並木です。
どうよ?とばかりに綺麗な並木道。
やはり、街のレベルが違いますね。

のブログ終了のお知らせを見ました。
私のように、お世話になりっぱなしの身としては、
悲しい限り、としか言いようがありません。
終了まで、もう少し出させて頂きます。


2017年11月16日(Thu)▲ページの先頭へ
三色彩道2017




2017年11月15日(Wed)▲ページの先頭へ
秋をとどめて



「スペック通りの陽射し」
笹倉鉄平さんの新しい画集から。


2017年11月13日(Mon)▲ページの先頭へ
Sacred Face



大エルミタージュ展より、
Pompeo Girolamo Batoni の 
The Holy Family。
その聖マリアの美しかったこと。
実物の、あの質感を何と表現すればよいのでしょう。
この、図録の写しとは、まるで違っています。
その絵の前に立って、
何分も見入ってしまったのですが、
本当に綺麗なお顔でした。
非日常を求めた、贅沢な一日の続きです。


2017年11月12日(Sun)▲ページの先頭へ
非日常を求めて(3)




2017年11月09日(Thu)▲ページの先頭へ
非日常を求めて(2)



秋澄めり 窓越しの海燦めきて


2017年11月08日(Wed)▲ページの先頭へ
非日常を求めて



秋晴れの休日、須磨の海です。


2017年11月06日(Mon)▲ページの先頭へ
十六夜の月、如何御覧じられたるや



デジカメで撮ったまんまの月です。
真っ暗やんか、どこに住んどるねん、ですよね。
まあ、山奥ですが。
あまりの大きさ、美しさに驚いて撮りました。


2017年11月01日(Wed)▲ページの先頭へ
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん



上は、女房殿の入院する病院にほど近いパン屋さん。
テレビでも何度か紹介されたようで、大変な人気店です。
美味しくて、しかもサービスがいい。
その上、値段も手頃で、申し分ありません。




一方、こちらも、大はやりのお店です。
何と言っても、明るい小洒落た感じがいいのでしょう。
元々、従妹の住む街の近所にあったお店が、
この場所以外にも、
箕面小野原、宝塚中山、といった
粋なお店が並ぶ、いい感じの街に、
物凄い勢いで、次々と出店している様子です。
許可を得て、お店の中の様子を撮らせて戴きました。





どうです、美味しそうなパンが並んでいますでしょ。
美味しいんです。
好天に恵まれた昨日も、出かけました。
ひどい時は週に4回も出かけています。
土日などには、美人のスタッフさんもおられます。
コーヒーも好みの味で、文句なしです。


2017年10月28日(Sat)▲ページの先頭へ
秋は、さらに深まって



秋は確実に深まっています。



新名神も、さらに着々と。


2017年10月11日(Wed)▲ページの先頭へ
貞寿庵の蕎麦切り

それでも、生きてるこちらは腹も減る。
卑しんぼもしたくなる、というものです。
御紹介は、長年、女房殿がお世話になってきた
病院に、ほど近いお蕎麦屋さん。
蕎麦と言わずに蕎麦切りと言うこだわりのお店。
御亭主の許可を得て、撮影させて貰いました。







戴いたのは、絶品の、鴨汁蕎麦切り。
私は、これが一番だと思います。


深まる秋に



新名神、着々とできています。
どこなんだ、この山の中、ですよね。
この山を越えて、



この町を越えて、
週3〜週4で通っています。
どこに?
女房殿の入院する病院にです。
8月半ばに入院し、
9月初旬に肺炎を起こして転院、
9月下旬に再び元の病院に戻されてから、
さらに、別の病院へ。
誤嚥性肺炎ですので、覚悟せよ、と言われました。
御無沙汰の理由は以上です。


2017年09月05日(Tue)▲ページの先頭へ
美少女の正体

昨日の美少女写真、誰なんだ、ですよね。
よほどのファンでない限り、
ちょっと判らないのではないかと。
実は、この少女でした。
しかし、何とも言いようのない、
匂ふがごとき、嫋やかな美少女。
いかにも秋の朝に相応しい写真かと。



汚らわしい腐れジジイが何を言う、ですよね。
ごめんなさい。


2017年09月04日(Mon)▲ページの先頭へ
秋は美少女の画像から、その2



美少女って、馬かよ。
そうですよ。
あのユキチャンの娘さん。
昨日の新潟でデビューしました。


秋は美少女の画像から




2017年07月11日(Tue)▲ページの先頭へ
Scodelario が覚えられません



先週末のWeekly。
High-Sea Heroine の見出しで出ていた、
美しい女優さんの名前が覚えられませんでした。
Kaya Scodelario、パイレーツの新作のヒロインだとか。
せや、見に行かな、となって、
下の娘を誘って見に行ってきました。
感想は書きません。
ただ、帰ってきても、
Scodelario が覚えられていませんでした。
頭が悪くなっているのか、
それとも、もともと悪いのか。
年とともに、新しいものごとを覚えにくくなっているのは
どうやら事実のようです。
ボケるのは嫌やなあ、ほんま、怖いことです。


2017年07月10日(Mon)▲ページの先頭へ
今朝の庭の紫陽花



まだ咲いている庭の紫陽花。


2017年07月02日(Sun)▲ページの先頭へ
見に行きました、勝って貰いたくて

猫の写真をUPしたところで勝てなかったので、
愈々、これは行くしかないと。
幸い、昨日の午後からの仕事が空いたので、
ローソンでチケットを買って見に行きました。



一回裏のチャンスに凡退して、
「この子、持ってないなあ」と思った大山君が、
三回裏のチャンスに、何と3ラン。
嬉しかったですねえ。
「やっぱり、見に来なあかんかったんや」と。
下は人様の画像を無断拝借しました。
カツーン、の瞬間と、
ボールがレフトスタンドに突き刺さる瞬間です。





2017年06月29日(Thu)▲ページの先頭へ
あれから勝てないので

前回、「大敗を見て楽しかった」などと、
つまらないブログをあげて以来、
阪神が負け続けているので、
これは更新しないと、と思ったのです。



何だ猫写真かよ、ですよね。
でも、
愛猫の祥月命日も忘れているから、
阪神は勝てないのか、と。
これで、今日こそ勝てるでしょう。
凛々しい虎の姿を見せて下さい。




2017年06月19日(Mon)▲ページの先頭へ
久しぶりの甲子園

梅雨に入って一週間以上も雨が降りません。
おかげで、先週末、甲子園を楽しむことができました。
上の娘が、父の日のプレゼントに奢ってくれました。
拙攻、拙守を重ねた揚句に、満塁ホームランを食らうという、
最低の試合でしたが、本当に久しぶりの甲子園なので、
とても楽しく応援させて貰えました。






2017年06月12日(Mon)▲ページの先頭へ
梅雨の晴れ間の日曜日

居留地の市立博物館に出かけたのですが、
まあ思った通りの展示で、
少し物足りなさを覚えて、
西宮の笹倉絵画館へ。
昨年も、一昨年も、
やはり、この季節に訪れているのです。



二年前と同じような写真ですが、
間違いなく、昨日、写したものです。
リトアニアのヴィリニュスの
街角を描いたコンテ画の、
モノクロの沈静美漂う風景に、
すっかり魅了されました。
残念ながら、まだ世に出ていなくて、
西宮の絵画館でしか見られない絵だそうです。
それから、
何枚かの海辺の街を描いた絵を見ているうちに、
また、海が見たくなってきたのです。
そして出かけた芦屋浜。
小洒落たケーキショップのテラス席で、
差してきた午後の陽を浴びて
ティーブレイクを。



写真は、そのお店の宣伝ページからの無断借用です。
とても、ゆったりとした時間を過ごせました。
有難うございました。


2017年06月05日(Mon)▲ページの先頭へ
銅版画ではありません



てっきり、エッチングだろうと思ったら、
写真でした。
ブラジルはオウロプレト。
嘗て金鉱で栄えた、世界遺産の街だそうです。
先月末の毎日ウィークリーから、無断転載です。


ゆふぐれどきの紫の薔薇



長けてゆく春の夕陽を浴びて、
儚げに見えた我が庭の薔薇です。
今年、最後の春景色。


2017年05月30日(Tue)▲ページの先頭へ
完敗、ダービー

仕事だったので、梅田に出かけるという息子に頼んで、
買ってもらった馬券がこれ。




五万円で単勝負、と思っていたのですが、
ビビッて、こんな馬券になりました。
JRAの帯封欲しさに、大胆な馬券も。
調教の良く見えた3を狙ってみたのですが、
肝心の6が、あの様では、話になりません。
完敗です。
それでも、庭の躑躅は、しっかり咲いて、
ショウタニのケーキは美味しいのです。
嗚呼、情けないったらありゃしない。








2017年05月26日(Fri)▲ページの先頭へ
懲りずにダービーを語る

オークスで自信を持って単勝を買った馬が、
あろうことか18着の最終入線。
つまり、ビリ、ベベタ、ドンケツ。
にも拘らず、懲りずにダービーを語るとは、
恥知らずにもほどがあろうかというもの。
しかし、お暇であれば、この妄想話に、
しばしのお付き合いを。

鼻の差の決着となった去年のダービー。
レース後、二着馬のオーナーが、勝利ジョッキーにこう言った。
「おめでとう。悔しいけどね」
「すみません、勝ってしまいました」
「うん、この貸しは来年返して貰うよ」
という訳で、今年のダービー。
池江調教師管理のサトノの馬に、
川田君が乗ることは、既に一年前に決まっていた。

以上が私の妄想。
その池江師。川田君の乗る最も強い馬を温存して、
自身の管理する別の馬で、皐月賞を1・2フィニッシュ。
何ということでしょう。

下は、今年の毎日杯の写真です。



四角、大外をぶん回した川田君。



そして、ゴール板通過シーン。

とうてい勝つ気のあったレースとは言えないでしょう。
毎日杯を見る限り、サトノアーサーは、
皐月賞馬よりも明らかに強い。
池江師とサトノのオーナーが自信を持って
ダービーを獲ろうとしている馬です。
川田君が、毎日杯のような下手乗りをしない限り、
おそらく、ダービーに勝つのは、
この馬だと見ています。

あっ、因みに、このレースの私の馬券です。



8頭立ての7番人気の馬の馬券を買っていました。
奇跡を信じて。


2017年05月23日(Tue)▲ページの先頭へ
おしゃべりな少女たち



この可憐に咲いた薔薇を見て、
おしゃべりの止まらない少女たちの姿を
連想したのでした。
先週末に訪れた荒牧バラ公園の
White Delightです。

何で、1-1買わへんかったんや。
まだ、言うか。



上は、その日の荒牧バラ公園の景色です。
そして、下は、今朝の我が庭のドフトボルケです。
一夜にして蕾が開いていることに驚きました。




1 2    全44件