Gentle Breeze - 2014/11


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2014年11月
           
           

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:341
昨日:2,425
累計:1,279,063


RSS/Powered by 「のブログ

2014年11月30日(Sun)▲ページの先頭へ
ハレさんのブッシュドノエルが



娘に教えて貰った緑丘のHaréさんに、
金曜日の閉店間際、電話をしました。
ブッシュドノエルを予約しようと。
店の方は、電話では予約できない、とおっしゃいました。
では、後日、改めて伺いますが、
今のところの予約状況を教えて下さいと申しました。
一番人気のブッシュドノエルは、
残り20ほどです、と。
そのとき、私は、
60分の40が既に申し込まれている、
と思うべきだったのです。
ところが、高を括った私は、
まだ、60分の20が残っている、
と思ってしまったのです。
土曜日は忙しかったので、
今朝、一番で出かけました。
開店15分前に着いた私は、本当に一番乗りでした。
ちょっと、余裕を持って、
クリスマスケーキの予約に伺いました、
と切り出しました。
ブッシュドノエルを二本、お願いします。
しかし、返ってきたのは、
申し訳ございませんが、ブッシュドノエルは、
既に予約が埋まっております、
との言葉でした。
えっ。
私は、久しぶりに狼狽しました。
全く、思ってもいなかったのです、
まさか、土曜一日で残り20の予約が埋まってしまうなんて。
仕方なく、ルタオもどきの、
フロマージュ・ドゥーブルを頼んだのでした。
このツキのなさを引きずったまま、
私は神戸に向かいました。
さらに悲惨な話の続きは、また明日にでも。


2014年11月29日(Sat)▲ページの先頭へ
五月山の紅葉

原田通りの公孫樹が見たいなあ、と。
仕事も一服した昨日こそ、
神戸に出かけるべき日だったのです。
ところが、魔がさした、というべきでしょう。
娘に、電話してしまったのです。
それで、結局、近場の五月山に。
えらい目算が違うてしまいました。



それでも、そこそこ、きれいな紅葉は見られたのです。



公孫樹の大樹も色づいていましたし、



目付きの悪いワラビーにも会えました。

それから、緑丘の美味しいケーキ屋さんも、
娘に教えて貰って、知ることができました。
そう悪い一日でもなかったようです。


2014年11月28日(Fri)▲ページの先頭へ
昨日の三色彩道



もう、そろそろ見ごろかと、
歯医者さんに出かけた帰りに、
ちょっと、寄り道してみました。



ご覧の通りの鮮やかさでした。


2014年11月14日(Fri)▲ページの先頭へ
「七つの大罪」も

近頃、カーヒル、カーヒルって言わなくなったよね。
夕べ(今朝)のGの感想です。
ところで、最近、お気に入りのアニメがあと一つ。
「七つの大罪」、Seven Deadly Sins。
昔、Seven Principal Virtues と対にして覚えた記憶はあるのですが、
中身は完全に忘れてしまっていました。
fortitude とか、temperance とか、virtues の方は、
いくつか覚えていたのですが。
それを思い出させてくれたアニメが始まったのです。



何か宗教的な、或いは倫理的な話かと思ったのですが、
豈、図らんや、ただのエロ格闘漫画だったのです。
ところが、このエロが素晴らしい。
Eros は「生」そのもの。
これ無くしては、生きていられません。



「熱情のスペクトラム」も、毎日、聞いています。
ええ年したジジイが、連日アニメの話とは、呆れ果てたことですね。


2014年11月13日(Thu)▲ページの先頭へ
今夜はGが

「どうや、Gのレコンキスタは」
「うん、まだ解らんけど、ちょっとターンAみたいかな」
「ほな、まあ面白いのんとちゃうんか」
「たぶんな。あ、そいでな、レコンキスタちゃうで。
レコンギスタや」
「えっ、何?なんでレコンギスタやねん」
「濁点があった方が売れるらしいねんて」
「何じゃと。んなアホな」

というようなやり取りを息子と交わしたのが、
かれこれ一月ほど前のこと。
すっかり嵌ってしまった深夜のアニメ。
今日は、そのガンダムGのレコンギスタの放送日。
楽しみですわ。



写真は先週のワンシーン。
バックからいっちゃう?
なんて言うとガンダムファンに叱られますかね。


2014年11月06日(Thu)▲ページの先頭へ
一切れのパン

「一切れのパン」という意味のフランス語を
お店の名前にしている手作りのパン屋さんが
我が家のほんの御近所にオープンしていました。
引越しの御挨拶にみえたとき、
何もおっしゃらなかったので、
全く気付かず、半月ほどが過ぎていました。
迂闊にも、ほどがあろうというものです。
昨日買い求めたパンが美味しかったので、
今日も、また出かけてしまいました。



写真は天然酵母のハードな葡萄胡桃パンと
昨日、その味を知ったカマンベール胡桃パン。
それこそ、ブルーアチェでのコーヒーブレイク。

炭水化物、避けてるのとちゃうのん。
そうですけど・・・。


2014年11月03日(Mon)▲ページの先頭へ
マンデリンは



基本、珈琲はマンデリンです。
中でも、何年か前に出たHiroのトバブルーは格別でした。
残念ながら、発売されなくなって久しいのですが、
その間、やむなくブルーアチェなる商品で我慢してきました。
ほぼ同じ地域だと思うのですが、やはり、違っています。
先日、そのアチェを買い求めに出かけたところ、
新入荷のリントンニフタを勧められました。
試しにと100だけ挽いてもらいました。
今も、それを飲んでいます。
なるほど、御推奨通りの香りです。
しかし、少しもの足りません。上品過ぎるのでしょうか。
マンデリン特有の土臭いような苦味がないのです。
だから素晴らしい、という方もいらっしゃいましょうが、
ならば、マンデリンでなくてもいいでしょう。
紅茶はニルギリなどと言っておきながら、
珈琲はマンデリンかよ、と笑われそうですが、
両者の個性を自分流に定義した結果、
自ずと、こうなってしまったのです。
要は好みの問題です。
そいで、何が言いたいねん。
結局は、またアチェで我慢するだろうという話です。
アチェ。