Gentle Breeze - 2014/06


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2014年6月
         

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:337
昨日:2,425
累計:1,279,059


RSS/Powered by 「のブログ

2014年06月23日(Mon)▲ページの先頭へ
高く咲いた紫陽花



毎年、高く咲く紫陽花は、花の重みで垂れてしまうのに、
今年は、どうした訳か、高く咲いた儘だったのです。
後で理由が判りました。
隣の逞しい雑草に支えられていたのです。
庭の手入れ、してませんものね。


2014年06月22日(Sun)▲ページの先頭へ
こんな日曜日もいいじゃない



マリネを作ってみました。
見た目イマイチですが、
爽やかで上品な味に仕上がりました。
梅雨の晴れ間の休日に、
何とも似つかわしい一品でした。

マリネというと、たまにデパ地下で買って帰るくらいで、
到底、私如き者の手におえる料理ではないと思っていました。
ところが、存外、簡単に美味しく仕上がってしまったのです。
ちょっと贅沢して高めの帆立貝柱、鮪、
合鴨のスモークに燻製ささみ。
安くて美味しい新玉葱にレタス。
国産のエクストラヴァージンオイルと
やはり国産の白ワインビネガー。
それに塩少々といったところで全部なのですが、
帆立や新玉の甘みが生きた絶妙の味加減になったのです。
インターネット普及のおかげで、
幸せな日曜日の夕食になりました。


2014年06月06日(Fri)▲ページの先頭へ
5時に夢中、中瀬女史最高

この春くらいから、「5時に夢中」という番組を、
木曜日は、ほぼ欠かさずに見ています。
昨日の中瀬ゆかりさんの話です。

集合写真の撮影役を引き受けた彼女に、
若い男性アシスタントが、
「ボクが撮ります」と代わりを引き受けたという。
そのときの台詞、
「ボク、天体が専門で、一眼レフが好きなんですよ」を、
中瀬女史は、
「ボク、変態が専門で、一番デブが好きなんですよ」と
聞き違えたそうな。
私は大爆笑。
勿論、中瀬女史でなければ活きない話です。
ですが、本当によくできたネタ話だと思いました。
近頃のつまらない芸人たちより、
ずっと、面白い人だと思います。
顔も、体形も、ネタ話も。
この人、奈良女出身なんですってね。
私の同級生で奈良女に行った人の一人は、
大変な美人だったように記憶しているのですが。

どうでも、ええやろ、そんなこと。
女もオモロウてなんぼやで。


2014年06月01日(Sun)▲ページの先頭へ
橋口調教師、おめでとうございます

横典、流石やなあ。
それしても、川田君。何やってんでしょう。
どうして、あんな鈍臭い乗り方をしたのでしょうか。
折角の内枠が台無しでしたね。
先週の仕挫り以来、完全に駄目ですね。

ワンオン勝って、嬉し泣き。
馬券外して、悔し泣き。

こんな結果も、何となく予測していた、
今年のダービーでした。


お父さん、泣こうや


娘がメールで、
「お父さん、ワンアンドオンリーが勝ったら泣くん?
それやったら、ワンアンドオンリー買って、
勝つとこ見て、一緒に泣こうや」と。
まあ、そうですけど。
どうも違うような気がすんねんな。
けど、まあ、それがダービーの
一番すっきりした買い方かもしれません。
負けたら負けたで、一緒に泣いたらええねんさかい。
好きな馬買うて負けるんやったら、悔いは無いでしょう。
という訳で、一点決め打ちにいきました。



もしも当たったら、このブログは消去します。
まあ、当たることも無いでしょうが。
ああ、愈々、あと一時間ですね。