Gentle Breeze - 2013/12


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2013年12月
       

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,994
昨日:2,274
累計:1,282,990


RSS/Powered by 「のブログ

2013年12月25日(Wed)▲ページの先頭へ
今年は、小さめ

娘のいないクリスマス。
今年はショウタニさんの
小さめのケーキです。



でも、可愛らしいでしょ。


2013年12月22日(Sun)▲ページの先頭へ
オルフェーヴル、ありがとう

オルフェーヴルのファンを公言しながら、
そのラストランを語らないのもどうしたものかと。
そこで、一言、二言、語らせて戴きます。

オルフェーヴルが勝つようにと仕組まれたレース。
そして、彼は伝説になる、という前宣伝。
全く、やる気にならない有馬記念でした。
そのくせ、いざレースが終わってみると、
私は、ぼろぼろと泣いていたのです。
勝利騎手インタビューで、池添君が、
「オルフェーヴルは世界一強い馬です」と言ったとき、
その言葉が、「何で僕に乗らせてくれなかったんだ!」という、
悲痛な叫び声に聞こえたのです。
少なくとも、昨年の凱旋門賞は、池添君なら、
おそらくオルフェーヴルを勝たせていたことでしょう。
勿論、オルフェーヴルは大好きな馬です。
池添君も好きなジョッキーの一人です。
しかし、調教師の池江Jr.は、大嫌いです。
それが、今回、馬券勝負する気になれなかった理由です。

JRAや競馬メディアの思惑通り、
圧勝したオルフェーヴル。
それを見て、他愛もなく感動している愚かな自分。
それがオルフェーヴルのラストラン、
2013年、締めくくりの有馬記念。


独走態勢の直線。


勝負を避けた私の投票。