Gentle Breeze - 2012


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2012年12月
           
         

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:335
昨日:2,425
累計:1,279,057


RSS/Powered by 「のブログ

2012年12月26日(Wed)▲ページの先頭へ
呑んでしまった「霙もよう」



今年は、ぐんと美味しく感じられました。


2012年12月25日(Tue)▲ページの先頭へ
高槻のケーキ屋さんでした



昨日、話題にしたモンブランです。
どこのお店なのかと気になる方に。
高槻は土室町のKôtaroさんです。
そして、もうひとつ。



チーズクッキーが美味しいのは知っていましたが、
今回、お店の方の一押しは、エンガディーナ。
写真の真ん中にある直方体のクッキー。
これが本当に美味しかったですね。
随分得した気分です。


2012年12月24日(Mon)▲ページの先頭へ
今年はモンブランのクリスマス・ケーキ



今秋食べたモンブランが美味しくて、
今年のクリスマス・ケーキは、この店で、と決めていました。
そうしたら、何と、モンブランのクリスマス・ケーキが
あるというではありませんか。
それが写真の代物です。
無論、美味しかったですよ。


2012年11月22日(Thu)▲ページの先頭へ
街路樹の野鳩






2012年11月21日(Wed)▲ページの先頭へ
ファイト!

中島みゆきさんの「ファイト」を
満島ひかりさんが歌っている
カロリーメイトのCMを見ました。
いいなあ。
何だか、元気が出てきそうです。




2012年10月10日(Wed)▲ページの先頭へ
栗シロップのゼリー



今年は、渋皮煮ではなくてゼリーです。
銀寄せの渋皮煮は例年通り上手くできましたが、
その後のシロップが勿体ないというので、
下の娘がゼリーにしたらと。
そして、持ち出してきたのが、この代物。
2004年の11月にOUTというものでしたが、
ちゃんと美味しいゼリーが出来ました。


2012年09月04日(Tue)▲ページの先頭へ
ロンドン五輪の残像―サイード横田仁奈選手



ロンドン五輪での驚きはサイード横田仁奈選手。
誰?という方は健全です。
最近はWikiにも出ているようです。
不謹慎な視点を持つ男なら、おそらく注目していた筈。
私?
勿論、不謹慎ですよ。


2012年08月29日(Wed)▲ページの先頭へ
幸せに気づかなかった日々



花と競馬と猫とマクロスしかないブログ。
それも大方は放ったらかしにして、
誰が、見るゆうのん。
という、まさにそのまんまの御指摘。
別に気にした訳でもないのですが、
当人の許可を得て、こんな写真をUPしました。

上の娘が結婚式に使う昔の写真がないかと大騒ぎ。
どれもこれも不細工な写真ばかりだと。
しゃあないな、と取り出したのが、この写真。
長年、私が秘蔵していた写真です。

娘たちが、こんな風だった幸せな日々もあったのですね。
当時は、それを当たり前のように思って過ごしていました。
その幸せは、
CYNTHIAの歌ではないけれど、
「あーあ、とおーりすぎて、わかるものねぇ」


2012年08月17日(Fri)▲ページの先頭へ
今朝の薔薇



隣のマヌーメイアンを移動させたところ、
今年、急成長を遂げたドフトボルケ。
昔からのディオラマも咲き、
なんとも賑やかな夏です。
ただ、ディオラマの色の変化が気になります。


2012年08月12日(Sun)▲ページの先頭へ
東伊豆の夏休み



友人の持つリゾートマンションからの景色。
自由に使ってくれていい、との言葉に甘えて、
素晴らしい夏休みを過ごさせて貰いました。


2012年07月08日(Sun)▲ページの先頭へ
庭の紫陽花2012




2012年06月13日(Wed)▲ページの先頭へ
香りをお伝えできないのが残念です



ようやく咲いた、我が家のドフトボルケ。


2012年05月25日(Fri)▲ページの先頭へ
ダービーを予想してみました

愈々ダービーですね。
調教Vを見て、思い切った予想をしてみました。
◎と○で勝負したいと思っています。
「勝手にしなはれや」って。
そりゃあそうですよね。

1 1 スピルバーグ -
1 2 ヒストリカル
2 3 ゼロス -
2 4 ジャスタウェイ -
3 5 ベールドインパクト -
3 6 ゴールドシップ -
4 7 コスモオオゾラ -
4 8 ワールドエース -
5 9 エタンダール
5 10 ディープブリランテ
6 11 フェノーメノ -
6 12 トリップ -
7 13 クラレント -
7 14 トーセンホマレボシ -
7 15 ブライトライン -
8 16 モンストール -
8 17 グランデッツァ
8 18 アルフレード -


2012年05月18日(Fri)▲ページの先頭へ
プリンセス・オヴ・ウェールズ(荒牧バラ園2012)



英国女王の戴冠60周年の式典があるそうです。
この薔薇を観て、思い起こす人がいます。
その人の印象と、この花の風情が
見事に一致しているとは思いませんか。


そどおり姫



荒牧のバラ園に出かけて、パスカリを観たら、
白い薔薇が欲しくなりました。
そこで、買い求めたのが「そどおり姫」。
その美しい肌が衣を透かして光り輝いたという、
記紀に伝承の衣通姫(そとおりひめ)に由来の、
とても花弁の美しい白薔薇です。


2012年05月14日(Mon)▲ページの先頭へ
そろそろ、薔薇園に出かけましょうか



開きかけたディオラマでしたが、
時ならぬ寒波の襲来に、
蕾のままで三日も待機。
ようやく開花しました。


2012年04月30日(Mon)▲ページの先頭へ
哭くなオルフェーヴル

改めて、サラブレッドの繊細さを思い知らされた天皇賞でした。
昨日は、馬券を買って、テレビ観戦。
「うわぁ、池添ガチガチやんか」
「えっ、メンコの下にメンコ。メンコ付けてレースすんの?」
前走の逸走が、よほど応えていたんですね。
調教師のコメントにも、それは表れていたようです。
たぶん、池添君の頭の中では、
「逸走させてはならない」という思いが、
大半を占めていたのではないでしょうか。
「いかに、勝たせるか」という思いよりも、
「いかに、まっすぐ走らせるか」という思いが、
勝っていたのでしょう。
メンコの装着も、そういう意思の表れだったのでしょう。
そして、レース。
バックストレッチで絶叫ですよ、テレビに向かって。
「ボケ、行かんかい、池添。アホ、何ビビってんねん」
(うわっ、ガラ悪ぅ)
この時点で、敗戦が確定。
唖然とするレース。

哭くな、オルフェーヴル。
悪いのは、君じゃない。
悪いのは、君に人気を負わせた、僕たちファン。
それにビビって、君を行かせなかったジョッキー。
君に僕らの声援が届かないように、
わざわざメンコをかけ、
後方からのレースを指示したであろう調教師。
悪いのは、君じゃない。
哭くな、オルフェーヴル。


2012年04月29日(Sun)▲ページの先頭へ
オルフェーヴル日和

なんとも爽快な今朝の青空。
時、まさに春。空は快晴。
オルフェーヴル日和。


2012年04月20日(Fri)▲ページの先頭へ
桜三昧2012(その4)

2012年、造幣局、桜の通り抜け
-
-

上のボタンをクリックすると、画像が入れ替わります


2012年04月18日(Wed)▲ページの先頭へ
もう鯉のぼりが





猪名川に渡る鯉のぼりを見つけました。


2012年04月17日(Tue)▲ページの先頭へ
皐月賞予想顛末記

馬ッ鹿だなあ、と思う。
誰のことかって。
勿論、私のことです。
「強い馬が勝つレースを期待する」ってな事を
何様か知らないけど偉そうに書いて、
揚句に買ったのがコレですよ。
情けないったらありゃしない。



私が学生だった頃の大昔、
水道筋の安い寿司屋に、
ヒモ買い専門の親爺がいました。
今のガーデンズが西宮球場で、
そこが、ときどき競輪場になる、
という時代の話です。
競馬が連複の時代ですから、
ヒモ買いなんていうのは、競輪での話です。
しかし、これが、よく当たっていた。
そういう、格好いい親爺の話が、
どこか、頭の隅に残っていたんでしょうね。
最強馬をヒモにして流す。
すると、意外においしい配当にありつける。
そういうヒモ買いの基本を忘れて、
自分が勝つだろうと思った馬を頭にしてしまった。
これじゃあ、下手糞もいいところです。
まあ、死ぬまでこんな馬鹿を続けているんでしょうな。


2012年04月15日(Sun)▲ページの先頭へ
桜三昧2012(その3)






皐月賞ですね

皐月賞。
強い馬が勝てるレースになるといいですね。
皐月賞は、しばしば強い馬が負けるレースですから。
十年前を思い出して御覧なさい、ですよ。
無敗のモノポライザーをゴッチーが乗り潰し、
ド下手コーシローがローマンエンパイアで惨敗。
四位すら、追い出しのタイミングを間違えて、
あのタニノギムレットが、やっと三着というレース。
その後、鳴かず飛ばずの三流馬が一・二着。
考えられないレースでしたでしょ。
私は、現場に出かけて、真っ青に。
最終の「のぞみ」で、すごすご帰阪という、
まことに情けない一日でした。

まあ、今日のレースがそうならないようにと願うのみです。


2012年04月14日(Sat)▲ページの先頭へ
桜三昧2012(その2)




2012年04月13日(Fri)▲ページの先頭へ
桜三昧2012(その1)

今年も北夙川へ。
春らしく晴れた休日。
池のある公園の遊歩道。
蝶のようにひらひらと歩く小型犬。
北夙川は犬までもが優雅でした。

画像の上をクリックすると、画像が入れ替わります。
どうぞ、お楽しみください。

北夙川の桜。(↓クリックして下さい)


2012年03月23日(Fri)▲ページの先頭へ
中山寺梅林の梅2012

昨日の好天、宝塚の中山寺に出かけました。
今年も見事な梅でした。
画像の上をクリックすると、画像が入れ替わります。
どうぞ、お楽しみください。

中山寺の梅。(↓クリックして下さい)


2012年03月18日(Sun)▲ページの先頭へ
やはり競馬、驚きの大賞典



やはり競馬、何が起こるか解りませんね。
ふと感じた嫌気を大事にして大正解。
見るだけにしようと思って買った観覧馬券。
それが当たってしまうこともあるのですね。
新馬から応援していたのに、
なかなか勝てなかったファビュラスの倅。
(字数制限から登録名はファビラスラフィン)
その彼が、間違えて勝ってしまった。
もう、びっくりです。
それにしても、オルフェーヴルは流石ですね。
鞍上なんか完全に無視。
そして、もう一度駆けてやろうという気まぐれ。
最高やね。
益々好きになってしまいました。


2012年03月17日(Sat)▲ページの先頭へ
やっぱりな



馬の品格、調教タイム、鞍上。
どれをとっても、一枚上と見た馬が、
思った通りに勝利したようです。
やっぱりな。


2012年03月04日(Sun)▲ページの先頭へ
春の蹄音

春が軽やかにダクを踏みながら近づいてきています。
桜花賞です。皐月賞です。愈々、始まりますね。
昨日と今日は、そのトライアルレース。
昨日のチューリップ賞は、半ば満足すべき結果でした。
イン待ち幸四郎君の勝利か、とも期待したのですが、
やっぱり幸四郎君でしたね。まあ、仕方ないでしょう。
それにしても、Cデムーロ、流石ですね。




今日の弥生賞ですか?
一にブリスアウト、二にフェノーメノと見ているのですが、
さて、どうでしょうか。


2012年02月09日(Thu)▲ページの先頭へ
新しい寝床が気に入った猫



ペットショップに出かける度に、
女房殿が「買え、買え」と促す猫の寝床。
「そんなん買うても、どうせ入らへんて」と
拒み続けていたのですが、
昨日、とうとう根負けして買ってしまいました。
結果は、ご覧のとおりです。


1 2    全32件