Gentle Breeze - 2011/12


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2011年12月
       

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:343
昨日:2,425
累計:1,279,065


RSS/Powered by 「のブログ

2011年12月31日(Sat)▲ページの先頭へ
マルセルの終わり方にがっかり

えっ、これで了!?
何という尻切れとんぼ。
最低やで。
言いたいことは山ほどあります。
それを我慢して読んでいたのは、
あっと驚く結末を期待していたからに他なりません。

情けないなあ、ほんま。
オリオは何やったんや。
イタリア人風のカタカナは何やったんや。
京都弁、話せへん京男は何やったんや。
それが、ただの恋人かいな、しょうもな。
せめて最後に花子を殺すんと、ちゃうんかいな。

その花子です。
ヒロインの母親、物語の最重要人物の名前が、
山田花子。
どういう意図で「山田花子」なのでしょう。
何というネーミングセンス。
私には理解できません。

毒を吐かないつもりで続けてきたブログですが、
今年の最後に、つい毒を吐いてしまいました。
申し訳ありません。


2011年12月27日(Tue)▲ページの先頭へ
金色に輝いたオルフェーヴル

有馬記念当日、私は馬券を買う前に映画を観ました。
その映画の中で、女の子が言ったのです。
「馬が好き」
男の子が尋ねます。
「どうして」
女の子は答えます。
「たてがみが綺麗だから」
ひょっとしたら、もう少し違う台詞だったかもしれません。
ともあれ、このとき私が思ったのは、
オルフェーヴルの金色に輝くたてがみでした。
映画を観終えて、元町の場外に、
私はオルフェーヴルの単勝を買いに行きました。

アレクサンドロス大王が求めて已まなかったという金色の馬。
アハルテケだとも言われ、汗血馬だとも言われています。
しかし、大王は、その馬を手に入れることができませんでした。
彼は、生まれてくるべき時代と場所を間違えたのです。
その馬は、今、この国にいるのですから。

その瞬間、その馬の体は金色に輝いていました。


美しい金栗毛が輝いた瞬間です。



2011年12月25日(Sun)▲ページの先頭へ
12月25日、神戸へ



今日は、女房殿と元町へ。
クリスマスに映画鑑賞です。
今年は何とか入院せずに済みました。
その御褒美に、というのは口実。
実は、オルフェーヴルの単を買いに。
そして、大丸の地下へ。
何と、ショウタニさんが。
今年は、富松町の閉鎖に続いて、
「つかしん」からも撤退。
がっかりしていたのに、ここですか。
で、すっかり喜んで、買ったケーキがこれ。



見た目だけじゃなくて、
むっちゃ美味しかったですよ。
それから、この写真。



神戸の叔母の自慢です。
孫の描いたイラストが、旗になったと。
まあ、気持ちは解りますけど。


2011年12月22日(Thu)▲ページの先頭へ
マルセルの作家さんに

今日(22日)のように終わってくれれば、
明日の朝刊が愉しみになります。
毎日が、こうだと良かったのに、
そんな日は殆どなくて、とても残念でした。
毎日が、わくわくの連続であれば、
単行本になったときにも、
一気に読み進める、素晴らしい作品になる
と思うのですが、如何でしょうか。

お前は何様やねん、って?
はい、ただの読者です。


2011年12月13日(Tue)▲ページの先頭へ
深夜食堂 ― 東風吹かば

先週の深夜食堂。
久々の前田亜季ちゃん。
私にとっては「光抱く友よ」以来でしょうか。
しかし、あの時は、光抱く友である加藤夏希さんの方が気になって。
ところで、実は、今回も、なのです。
私が気になって仕方なかったのは、亜季ちゃんの姉さん役の女優さん。
どこかで見たはずなのに、誰だったか全く思い出せないのです。
とうとう、ネットで調べてしまいました。
東風真智子さん。後ろから読んでもコチマチコ。
誰ですか。聞き覚えない名前です。
そりゃあ、解らない筈ですよ。
真中瞳さんじゃないですか。
ニュースステーション以来ですよ。

へえ、女優さんしてたんだ。
頑張って下さいね。


2011年12月05日(Mon)▲ページの先頭へ
噂の色づく街




2011年12月01日(Thu)▲ページの先頭へ
御近所の秋景色






庭の紅葉のグラデーション