Gentle Breeze - 2011/04


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2011年4月
         

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:333
昨日:2,425
累計:1,279,055


RSS/Powered by 「のブログ

2011年04月29日(Fri)▲ページの先頭へ
今、満開。ご近所の八重桜。



2011年04月26日(Tue)▲ページの先頭へ
映画「阪急電車」を観て

映画「阪急電車」を観てきました。
宮本信子さん、素敵でした。
いかにも阪急沿線の老婦人という感じ。
芦田愛菜ちゃんの可愛いのは、いわずもがな。
しかし、やはり、不満もたくさんあるのです。
岡田山のあの女学院が登場しないのは残念でしたし、
フランス人ジョッキーに、
日本一美しい競馬場と言わしめた
仁川の競馬場を無視するというのは、どうでしょうか。
それに何より、あんな大阪のオバチャンたちに
乗り合わせることなど、まずないでしょう。

それは、さておき、仁川の隣の小林駅。
この駅を語るのに、あの名門女子学院を
無視するわけにはいかないでしょう。
美智子皇后陛下、緒方貞子さんという、
誰もが知る日本のトップレディの出身大学に連なる
小・中・高の一貫校。
神様のおられる学校ですから、
あんな意地の悪い子たちがいるとは思えないのです。
勿論、制服も違うし、そうだとは言ってないにせよ、
知っている人は、みんな
その女子学院を連想することでしょう。



上は小林にある、その名門女子学院。
その教会で結婚式を挙げた、その学校の卒業生。
子宝にも恵まれ、現在、幸せに生活しているとの事。
そりゃあ、そうですよね。
神様のおられる学校ですもの。
少なくとも私は、そんな幸せのあることを知っています。


2011年04月24日(Sun)▲ページの先頭へ
オルフェーヴルの皐月賞

注目の栗毛馬オルフェーヴル(Orfèvre=金細工師)
が勝って、とても嬉しい皐月賞でした。








今朝の石楠花


今年の石楠花は疎らです。
咲かないかと思っていたくらいですから、
よくぞ咲いてくれたと言うべきでしょう。


2011年04月22日(Fri)▲ページの先頭へ
今年も庭の石楠花が


まだ開かぬ石楠花も


すぐに開く石楠花も


もう開いた石楠花も
みんな今朝の石楠花


2011年04月18日(Mon)▲ページの先頭へ
マルセル(marcelle)を語るT

新聞小説を読み続けるという経験が
実は全くありませんでした。
玉勝間かなんかだったと思いますが、
「長編小説を読むのは長い旅路を行くようなもので、
つまらない所も多いけれど、我慢して読み続けていれば、
目の覚めるような光景に出会うこともある」
というようなことが書かれていたように思います。
マルセルについて言えば、作者の書きたい内容が、
どうも私の読みたい内容とずれてきていて、
ちょっと耐えられないな、と思う日々が続いていました。
さらに、登場人物のオリオさんです。
どうしてカタカナなのでしょうか。
私にとってのオリオさんは、
コーエーのゲームに登場する
ベネチアの統治者なのです。


ねっ、彼ですよ、彼。オリオさんは。
作者の意図する登場人物のデザインと、
私がイメージする登場人物の印象とが、
もう完全にずれてしまっているのです。
堪忍して欲しいでしょ。


2011年04月16日(Sat)▲ページの先頭へ
造幣局、今年の桜、他


今年の桜「妹背」


永源寺


八重枝垂


2011年04月15日(Fri)▲ページの先頭へ
この八重桜、今日造幣局で



2011年04月12日(Tue)▲ページの先頭へ
マルセル(Marcelle)を歩くU



北白川蔦町付近の疏水の桜。


花越しに海を眺むや須磨離宮



海と空の境目が定かではありませんが、
噴水の向こう、かすかに見えるのが海峡を行く貨物船です。


2011年04月09日(Sat)▲ページの先頭へ
やはりここ、北夙川の桜



どうです。満開には今、一息でしょうか。
例年訪れる北夙川、今日の桜です。





実は、ここは夙川の支流の一つ。
訪れる人も少ない最高の場所。
今年も、泣きたいくらい綺麗だと思いました。

ところで、本当の夙川はこちら。



向こうに見えるのは甲山。
苦楽園口の橋の上から写しました。



こちらは屋台も出て、大勢の人で賑わっていました。
流石は、関西屈指の桜の名所です。


2011年04月03日(Sun)▲ページの先頭へ
万博公園の桜



白木蓮の林




2011年04月02日(Sat)▲ページの先頭へ
神戸氷室町を歩く

マルセル(Marcelle)に登場する氷室町を歩いてきました。
祖母が暮らしていたのは四十年以上も昔のこと。
私の記憶も曖昧ならば、街の姿も様変わり。
ただ、こんな風に眺めのよい場所があったのは確かです。

氷室公園付近から神戸の街並みを望む。


白木蓮の咲いていた氷室神社。


神戸の高台にある氷室町。



桜、咲いていました



池田五月山の桜です。
今年も、春が来たようです。
春らしい陽気の昨日、
急に、ウォンバットが見たくなって、
出かけてきました。



金網越しの写真で残念ですが、
まあまあ、写っていました。