Gentle Breeze - 2009/09


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2009年9月
   
     

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,996
昨日:2,274
累計:1,282,992


RSS/Powered by 「のブログ

2009年09月27日(Sun)▲ページの先頭へ
香る秋




2009年09月26日(Sat)▲ページの先頭へ
「だまし絵」展より



M.C.Escher「上昇と下降」の部分絵。
お判りになりますでしょうか。


感動、「だまし絵」展



出かけてきました、HAT神戸の美術館。
かつて、原田通りの公孫樹が色づく頃に、
出かけたくなった美術館も、
今や、海辺の工場の跡地に。
といっても、そんな面影は微塵もなく、
近代的な街並みの中に、
現代建築の巨匠の手なる建物が。
そこで、開かれている「だまし絵展」。
休日の混雑は御容赦戴きたいと、
敢えてウィークデイに。
お蔭で、ゆっくりと存分に楽しむことができました。
面白かったですよ。
女房殿も久しぶりに楽しそうでした。
中でも、下の絵。
とんでもない代物ですが、
この驚きばかりは、
現実に、その絵の前に立たないと解らないので、
この画像では、どうしょうもありません。
是非、お出かけになって御覧下さい。




2009年09月25日(Fri)▲ページの先頭へ
色づいた島バナナ



過日戴いた島バナナ。
しばらく、放っておいたのですが、
ちょっと黄色くなったかと思うと、
見る見るうちに全部黄色くなりました。
本当に、半日もかからないうちに、
すっかり色が変わってしまって、
びっくりしています。




2009年09月22日(Tue)▲ページの先頭へ
湖北へ



琵琶湖は竹生島。
千手観音を拝みに。



背景は長浜城。
水上バイク、気持ち良さそうでした。

さらに、三十二番、三十一番の札所にも。
観音正寺は、観音寺城の跡地の山寺だったのですね。



渋滞に辟易としながら巡った、北近江への小旅行。
琵琶湖も悪くないな、と。
海は須磨に限ったものじゃない。


2009年09月19日(Sat)▲ページの先頭へ
ぶどう4種



ちょっとした悪口が聞こえたのでしょうか。
お袋が葡萄を送ってきてくれました。
不幸父母の身には、痛み入る贈り物です。


2009年09月18日(Fri)▲ページの先頭へ
美味しかったのは黄王



最も美味しかったのは、Dの黄王でした。
ところで、黄王って何者、と思ってしまったのが運のつき。
上のような、BLOOD LINE(?)を作ってしまいました。

やっぱりな、
ゴールデンデリシャスや印度リンゴの
INBREEDやったんや。

私が子どもだった頃には、
美味しいリンゴといえば、
ゴールデンデリシャス、スターキング、印度リンゴ。
それも、めったに口には入らない。
お袋が買ってくるのは、たいてい安くて酸っぱい国光。
おう、そういえば、国光もしっかり入っていましたね。

まあ、Dの黄王は美味しかったですね。
ところが、同じ黄王でも、淡く赤らんだCの黄王は、
見た目とは裏腹に、固くて酸っぱかったですね。
国光の血が色濃く出ていたのかもしれません。
黄王を見かけたら、なるべく黄色いものを買いましょう。
見た目に騙されてはいけませんよ。

一方、サンつがるですが、
これは色の薄い方が美味しかったように思います。
ですから、順位は、
D→B→A→Cというのが正解でした。


特売りんごを並べると



御近所のスーパーで売っていた特売のりんご。
さて、美味しかった順に並べると?


2009年09月14日(Mon)▲ページの先頭へ
京都釜なりやの「釜蒸しまんじゅう」



京都、釜なりや。
「釜蒸しまんじゅう」と「どらやき」。
美味しかったなあ。


2009年09月13日(Sun)▲ページの先頭へ
Carlo Dolci 「受胎告知」



LOUVRE展より
左「受胎告知:天使」、右「受胎告知:聖母」


何か得した日曜日の朝

日曜日というのに、いつものように起きて、
洗濯機を回し、ご飯を炊き、朝食の準備をする。
テレビをつけると、小米朝が。
これが、なかなかに面白い。
朝丸とべかこに挟まれて護送されてるみたい、
という話に、思わず噴出す。
文珍の物真似も上手いもの。
本体の落語もなかなかに素晴らしい。
小米朝には、親父さんになかった華がある。

五代目桂米團治が上方落語の大巨星として
燦然と輝く日の来ることを期待しています。

そして変えたチャンネルで、やっていたのが、
野村萬斎の「能登殿の最期」。
これはもう、とんでもなく素晴らしい。
ここは、こう読みたい、と思うような、
こちらの気持ちを察して、
しかも、それ以上に上手く読んでくれている。
そうなんだよ、そう、そう、
「教経かくあるべし」という感じ。
良かったなあ。

日曜の朝に思わぬ得をした気分です。


2009年09月12日(Sat)▲ページの先頭へ
京都市立美術館のLOUVRE展




上の二つの写真、違いが解りますか。
実は、この場所へ、二日に渡って出かけて行ったのです。
上は9月10日の撮影、下は翌11日の撮影です。
何ちゅう暇な奴や、ですよね。
一昨日、秋を感じる好天に誘われて、ぶらり京都へ。
ルーブル展を見ようと、昼下がりの岡崎公園。
ところが上の写真、ご覧の通りの長蛇の列。
何と入場までに一時間待ち、とのこと。
これでは仕事ができません。
やむなく帰宅。

翌日、気合を入れて早朝から出かけて行きました。
下の写真をご覧下さい。
それでも、既に、この人だかりです。
恐るべし、ルーブル人気といったところでしょうか。


2009年09月05日(Sat)▲ページの先頭へ
もうひとつのマンゴー



もうひとつの小さい方のマンゴー、
キーツという種類だそうです。



アップルマンゴーと同じくらいの甘さでしょうか。
先にご紹介した金煌ほど甘くはなく、少し酸味があります。


2009年09月01日(Tue)▲ページの先頭へ
28番札所山上展望台から眺めた天橋立