Gentle Breeze - 2008/10


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2008年10月
     
 

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,996
昨日:2,274
累計:1,282,992


RSS/Powered by 「のブログ

2008年10月29日(Wed)▲ページの先頭へ
他所の街(2)、よその家






秋空―他所の街の公園で





2008年10月21日(Tue)▲ページの先頭へ
嗚呼、阪神タイガース



今朝のサンスポ一面の写真。

そやから、阪神ファンは辞められへん。


2008年10月17日(Fri)▲ページの先頭へ
栗の渋皮煮―うまくできました。



栗の渋皮煮に挑戦してみました。
上の写真は、その完成品です。
大成功というべきでしょう。



写真左は妻の知人から戴いた銀寄(ぎんよせ)。
右は500g180円で買い求めた、ただの栗。
さて、同じようにやってみて、どう違うのか。
これが今回のテーマでした。



写真は渋皮状態にしたところ。

手間隙かけて作った結果、
やはり、銀寄は、甘いし柔らかい。
確かに全然違う栗です。
こればかりは、食べてみないと解りません。

今朝、入院中の妻に届けてきました。
「美味しい」といって、
大きな銀寄をほおばる妻の姿を見ながら、
私は、悲しい幸せに浸っておりました。


2008年10月06日(Mon)▲ページの先頭へ
ザルカヴァの凱旋門賞

何だ、この馬は。
これが、三歳牝馬か。
日本からの挑戦馬と並んだとき、
その歴然とした違いに驚かされました。



プリプリとした筋肉の塊。
サラブレッドというよりは、
寧ろ、ハンターのような身体つき。

そして、2008年の凱旋門を制したのは、
やはり、ZARKAVA。彼女でした。





しかし、流石にLongchampですね。
ZARKAVAの隣の糟毛馬とその騎乗者の
何と優美な映像であったことでしょう。