Gentle Breeze - 2008/06


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2008年6月
         

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,996
昨日:2,274
累計:1,282,992


RSS/Powered by 「のブログ

2008年06月20日(Fri)▲ページの先頭へ
可愛いランカも大歓迎。



「ランカを可愛く描いて下さい」という、かねてよりの願い。
少しは聞き入れて下さったようで。

来週には、何かカムジンもどきも出てきそうで、
この展開は、あまり歓迎したくありませんな。
カムジンは要らんぞ、カムジンは。


Viva Eros ― マクロスFr.11話より



I love bosoms. He loves bosoms, too.
中1の期末テスト範囲の例文。
「同級生」のような、その手のゲームを連想させる絵ですね。
嫌いかよ、ですって。勿論、大好きですよ。
何てったって、Viva Eros! ですから。



早瀬さんにはなかったサービスですよね。
がんばれ、キャサリン。
拍手したら寄ってきてくれるかなぁ。


可愛いシェリルは大歓迎(2)



Feverish Sheryl
少し熱っぽい女性かぁ、いいなあ


2008年06月15日(Sun)▲ページの先頭へ
何か怖いなあ。そのうち怪我しそうです。





これという欲もなく、まあこれくらいなら、
という具合に毎週少しずつ買っているのですが、
それがいいのでしょうね。
ふと、これで生活しようかなあ、などと、
邪心を抱くと、きっとよくないのでしょうね。
桁を上げたとたんに負けそうです。
まあ、ほどほどに楽しめれば幸せです。


2008年06月09日(Mon)▲ページの先頭へ
娘フロ。ジャケット




2008年06月08日(Sun)▲ページの先頭へ
おめでとう、岩田君



お前の競馬は、ダービーで終わったんじゃなかったのか、
と叱られそうですが、大好きな馬が出てきたので、つい。
やっぱり、ウォッカの勝負はここでしたね。


2008年06月06日(Fri)▲ページの先頭へ
無知の恥

「お父さん、何、感動してんの。しょうもな。
あんなん、マクロス・ゼロやんか」

朝、出かける前の上の娘に、
「夕べのマクロスFは良かったで」と。
そう言ったばっかりに、
Vを見るために早く帰ってきた娘から、
私は上のように言われたのでした。
それこそ、無知の恥です。
私は、プラモを使った画面が気に入らなくて、
マクロス・ゼロは見なかったのです。

「な、これがサラでこれがマオ。解った?
ちゃんと勉強しとかな、あかんで」
そう言ってDVDを手渡されたのでした。

何だ、折角、良くできた劇中劇だと思ったのに。
なるほど、legend of zero とは、
全く、そのまんまだったのですね。

己の無知を曝して、語ってしまった、バツの悪さ。
ただ恥ずかしいばかりでなく、
何だかやりきれない気分です。


気になる人物、ブレラ・スターン

「誰だ」
「ブレラ・スターン」



3話くらい前から気になっていた人物。
「誰だ」と思ってしまうのは作者の思うつぼ。
しかし、ここは善良なファンの立場で、
「誰だ」と思わないといけません。
まさか、「孔雀だ」とは言えないでしょう。


思い出のダービー馬券

府中に出かけた友人に頼んでおいた馬券。
彼はそれを律儀にも送ってきてくれました。
持つべきものは友人です。




可愛いシェリルは大歓迎







マクロスFr.第十話より。


マクロスF、第十話は伝説になる

#10、Legend of Zero
今までの Macross Frontier の中では、
最高の出来映えだったと言えましょう。
「小白龍」に不満を覚えた者としては、
評価すべき劇中劇だったように思います。



主題歌の解説抄という趣ですが、
必要十分な内容だったのではないでしょうか。
最後の監督の露出は、ちょっと厭味かな。
河森さんって、結構、自己顕示欲が強いのでしょうか。