Gentle Breeze - 2008/05


カテゴリ
Gentle Breeze
Gentle Breeze/一覧 (661)



2008年5月
       

新着エントリ
緊急移植しました (1/15)
A Happy New Year! (1/1)
強かったダノンプレミアム (12/18)
ラヴィのシュトーレンを贈る (12/15)
新名神、走りました (12/14)
そこにしかなかった秋景色 (11/29)
この公孫樹並木は、どうでしょう (11/24)
三色彩道2017 (11/16)
秋をとどめて (11/15)
Sacred Face (11/13)
非日常を求めて(3) (11/12)
非日常を求めて(2) (11/9)
非日常を求めて (11/8)
十六夜の月、如何御覧じられたるや (11/6)
遠い街の、近頃よく行くパン屋さん (11/1)
秋は、さらに深まって (10/28)
貞寿庵の蕎麦切り (10/11)
深まる秋に (10/11)
美少女の正体 (9/5)
秋は美少女の画像から、その2 (9/4)
秋は美少女の画像から (9/4)
Scodelario が覚えられません (7/11)
今朝の庭の紫陽花 (7/10)
見に行きました、勝って貰いたくて (7/2)
あれから勝てないので (6/29)
久しぶりの甲子園 (6/19)
梅雨の晴れ間の日曜日 (6/12)
銅版画ではありません (6/5)
ゆふぐれどきの紫の薔薇 (6/5)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (52)
4月 (5)
5月 (13)
6月 (8)
7月 (1)
8月 (11)
9月 (1)
11月 (4)
12月 (9)
2008年 (84)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (19)
5月 (14)
6月 (11)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (8)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (3)
2009年 (114)
1月 (2)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (24)
5月 (7)
6月 (15)
7月 (7)
8月 (13)
9月 (14)
10月 (9)
11月 (6)
12月 (7)
2010年 (76)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (8)
9月 (3)
10月 (8)
11月 (5)
12月 (4)
2011年 (59)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (15)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (8)
2012年 (32)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2013年 (48)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (8)
5月 (13)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (66)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (15)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (10)
10月 (2)
11月 (7)
12月 (14)
2015年 (40)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (5)
6月 (7)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (10)
2016年 (44)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (10)
10月 (3)
12月 (7)
2017年 (44)
1月 (2)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (7)
6月 (5)
7月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (10)
12月 (3)
2018年 (2)
1月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,992
昨日:2,274
累計:1,282,988


RSS/Powered by 「のブログ

2008年05月29日(Thu)▲ページの先頭へ
出ました、ダービー出馬表

馬名騎手調教注目
11ディープスカイ四位洋文
12サクセスブロッケン横山典弘× 
23ブラックシェル武 豊
24タケミカヅチ柴田善臣× 
35アグネススターチ赤木高太郎× 
36モンテクリスエス福永祐一× 
47スマイルジャック小牧太
48アドマイヤコマンド川田将雅× 
59マイネルチャールズ松岡正海
510レインボーペガサス安藤勝己× 
611レッツゴーキリシマ幸英明× 
612サブジェクト吉田豊 ×
713ベンチャーナイン武士沢友治× 
714エイシンフォワード和田竜二× 
715フローテーション藤岡佑介 
816メイショウクオリア岩田康誠× 
817ショウナンアルバ蛯名正義
818クリスタルウイング内田博幸× 

スマイルジャック号が11番枠に入ってくれていたら、
文句なくブラックジャック馬券で勝負したのですが。


ダービーウィーク

余事を一切考えずに過ごしていたいダービーウィーク。

さて、昨日のG-チャンの調教Vを見ての感想を。
今年のダービーの最大の注目馬は、
かねて申してきましたようにブラックシェル号です。
その注目馬ではありますが、調教Vを見る限り、今一息。
まだまだ、動きが重いように映りました。
次に、相手一番手と見ていたスマイルジャック。
この馬の走りっぷりには、惚れ惚れさせられるのですが、
前回同様、ゴール前の伸びが今ひとつ。
東スポ杯やきさらぎ賞のときの直前調教の方が、
ずっと良かったように思えます。

じゃあ、どの馬が良かったんだ、ですよね。

実は、全く歯牙にもかけていなかった、ショウナンアルバ。
この馬の動きが随分良く見えました。
それに、マイネルチャールズ。
とにかく、この二頭の動きが目を引きました。

先週、とんでもない時計で駆けたディープスカイですが、
今週の動きは、あまり良く見えませんでした。
また、ダート4連勝の後の初芝がダービーという
サクセスブロッケンですが、
調教をみる限り、要らないと思います。
この馬が勝つようなら、カネヒキリでも、フラムドパシオンでも、
ダービーを獲れた、ということになりそうですから。
レインボーペガサスなど他の馬は、言わずもがな、です。

まあ、調教=レースというわけではありませんが。


2008年05月25日(Sun)▲ページの先頭へ
おめでとう、池添君



オークス馬はトールポピー。
府中のこの馬場なら、
強いのは解っていましたが、
かなり強引な競馬で、冷や冷やものでしたね。


2008年05月23日(Fri)▲ページの先頭へ
君はルルルルルルルルー

「キィーミハ、ルルルルルルルル」
朝、下の娘を駅に送る車の中で、つい口ずさんだのでした。
「何、それ。歌詞知らへんの?」
「あほ、知っとるけど歌わへんのや」
「何で?」
「何でて、シソウの低い歌詞やからや」
というやりとりの後で、一応説明しました。
「解るか、シソウて」
「解るわ、志操やろ」
「そや。せめて『君は何を想う』ぐらいにしといたら、
含みもありそうやけど、
しょうもない、歌詞やろが。
マクロスが聞いて呆れるで」
「そやなあ」

やはり、
「我ら幼い人類に、目覚めてくれと放たれた」
の方が、マクロスらしいでしょ。
まあ、それも時代でしょうかね。

今朝のマクロス。連想したのはマクロス・プラス。
「一つ目の言葉は・・」




2008年05月22日(Thu)▲ページの先頭へ
ラ・フランス




クリスチャン・ディオール




2008年05月21日(Wed)▲ページの先頭へ
ランドラ




2008年05月20日(Tue)▲ページの先頭へ
ムーン・シャドー




2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
マダム・サチ




2008年05月18日(Sun)▲ページの先頭へ
五月の幸せ。猫と薔薇。



明るく晴れた五月の朝。
花開いたディオラマを写そうとしていたら、
わが愛猫が寄ってきました。
それにしても、改めて大輪の花に驚きです。
猫の顔よりも大きいのですから。



幸せな五月の朝です。


2008年05月16日(Fri)▲ページの先頭へ
トランスフォーメーションを無視したら

今朝のマクロスF。お待ちかねのトランスフォーメーション。
そうだよ、そうこなくっちゃ、と。
これを無視したらマクロスファンの名が廃る。
というわけで、

本艦は、これよりトランスフォーメーションを開始します。


♪消えることのない希望がこの手にあるから。


マクロスキャノン発射用意。


頑張れ、河森!
ただ、安直にプラモを使うのはどうかなあ。
折角のアニメが白けてしまいますよ。
いろいろと事情はあるでしょうけど。

《追加》 だから ― 私の歌を聴け。



2008年05月15日(Thu)▲ページの先頭へ
Petals of Roses(薔薇の花弁)




2008年05月14日(Wed)▲ページの先頭へ
’08年の荒牧バラ園



先日の日曜日、出かけた先は荒牧バラ園。



今年、魅せられたのは芳香の薔薇。



というわけで、我が小庭に仲間入りしたDuftwolke。
ドイツ語の知識は皆無なので、ごめんなさい。
Fragrant Cloud、「薫る雲」という意味だそうです。


2008年05月04日(Sun)▲ページの先頭へ
時代ですね、VEOH



マクロス・フロンティア、
実は4話と5話をVEOHで見ました。
凄い時代になったものですね。
思わず「デカルチャー」と叫んでしまいそうです。




San Francisco in Macross !?
第5話は、
Macrossの懐かしい原風景の一つに出会ったという感じで
なかなか良かったですね。
ところで、歌う花束の少女、ランカ・リーを
もう少し、可愛らしい顔に描いてあげたら、と思います。
エンディングの絵が、そこそこ可愛いだけに残念です。